相続発生

相続が発生したら、相続財産を集計してみましょう(預金・借入金)

①どういう場合に相続税がかかりますか?

遺産に係わる基礎控除額(課税最低限)より財産が多い時には相続税がかかります。
相続税の基礎控除額は、定額控除額(3,000万円)と、相続人の数によって金額が変わる比例控除額(600万円×法定相続人の数)を合計したものです。

※相続開始前3年以内の贈与は、その財産の相続税の課税対象として相続税を課税されます(生前贈与加算)。なお、贈与税の配偶者控除適用を受けた(又は受ける予定)財産は加算されません。
また、配偶者には税額軽減があり1億6,000万円までは相続税がかかりません。これを適用させるかどうかは、二次相続も考慮した上で検討する必要があります。

②相続税の申告と納税は、いつまでにしなくてはならないのですか?

相続税の申告期限=納付期限です。
相続税の申告(納税)は、被相続人(亡くなった人)の死亡後10ヶ月以内です。
被相続人の住所地の税務署に申告します。
納税義務者の申請により認められれば、延納や物納することもできます。

相続・事業承継に関する支援内容

お問い合わせについて

伊勢総合税理士法人では、豊富な実績と経験に基づいたノウハウをベースに、お客様のご要望を満たす相続・事業継承サポートをご提案いたします。

お電話でのお問い合わせ 0596-28-1311

お問い合わせフォームはこちら