事業承継

相続が起こってからでは遅い。
財産の承継は計画的に、早期実施が大切。

事業承継対策をなぜ行うのか

事業承継対策の目的は、強い会社組織を次世代の後継者にスムーズに承継させることにつきます。すなわち、後継者の育成、強い会社の組織づくり、経営支配権の安定確保を達成することによって親、子、孫3代に渡り継続することが可能な会社を目指します。 伊勢総合税理士法人では、税務面のサポートだけではなく、強い会社の組織体制づくりと会社の長期的な持続的成長が可能な事業承継対策をご提供いたします。

事業承継対策の基本視点

経営権の維持・確保

  • 後継者の育成、教育
  • 後継者が経営できる強い組織体制づくり
  • 株主構成、債権債務等の整理
  • 株式承継対策の立案・実行
  • 株式承継先の明確化(遺言の活用等)

相続税対策(自社株の承継)

  • 自社株の評価額~高株価の原因分析~ 内部留保(剰余金)、資産含み損益
  • 自社株の評価額の引下げと移動 株価対策の実行
  • 経営支配権の安定確保
    財産保全会社、安定株主対策、従業員持株会等

納税資金の確保

  • 相続税の納税資金確保
  • 自社株の現金化、会社資金の活用(金庫株)
  • 非公開で行くか、株式公開を視野に入れるか

相続・事業承継に関する支援内容

お問い合わせについて

伊勢総合税理士法人では、豊富な実績と経験に基づいたノウハウをベースに、お客様のご要望を満たす相続・事業承継サポートをご提案いたします。

お電話でのお問い合わせ 0596-28-1311

お問い合わせフォームはこちら