記帳適時性証明書の発行

記帳適時性証明書が添付された決算書は金融機関からの信頼度が格段に上がります。

会社法第432条は、「株式会社は、法務省令で定めるところにより、適時に、正確な会計帳簿を作成しなければならない」と規定しています。『記帳適時性証明書』(「会計帳簿作成の適時性(会社法第432条)と電子申告に関する証明書」)は、その適時性並びに計算の正確性を証明するものとして、株式会社TKCが発行しているものです。これを、当事務所では決算書(金融機関提出用)に添付をしております。(内容の正確性を証明するものではありません。)

適時性並びに計算の正確性

巡回監査を実施し、毎月の月次決算を基に作成された決算書と法人税申告書

決算時にまとめて処理された帳簿により作成された決算書と法人税申告書

金融機関等に融資を求める際に信用される決算書はどちらでしょうか?

この証明書について(株)TKCは金融機関及び新聞広告等にて、その有用性をアピールしております。

この証明書は、会計帳簿及び決算書並びに法人税申告書の作成に関して次の事実を証明します。

  1. 会計帳簿が、会社法第432条に基づいて「適時に」作成されていること。
  2. 毎月巡回監査が実施され、月次決算を完了していること。
  3. 決算書は法人税申告のため税務署に提出したものと同一であり、別途に作成したものではないこと。
  4. 法人税申告書は当該決算書に基づいて作成され、申告期限までに電子申告されていること。

記帳適時性証明書

お問い合わせについて

伊勢総合税理士法人では、豊富な実績と経験に基づいたノウハウをベースに、お客様のご要望を満たすサポートをご提案いたします。

お電話でのお問い合わせ 0596-28-1311

お問い合わせフォームはこちら